中期経営計畫(2020年3?期?2022年3?期)

森永乳業グループは、2020年3月期から2022年3月期の3年間の中期経営計畫に取り組んでいます。
この中期経営計畫策定に先立ち、10年先、2029年3月期を見據えた「森永乳業グループ10年ビジョン」を制定し、「『食のおいしさ?楽しさ』と『健康?栄養』を両立した企業へ」「世界で獨自の存在感を発揮できるグローバル企業へ」「サステナブルな社會の実現に貢獻し続ける企業へ」を當社グループのありたい姿と定め、「営業利益率7%以上」「ROE10%以上」「海外売上高比率15%以上」を2029年3月期の數値目標に設定しています。
この考えのもと、2022年3月期までの3年間を確固たる事業基盤づくりの期間と位置付け、「4本の事業の柱橫斷取り組み強化による持続的成長」「経営理念実現に向けたESGを重視した経営の実踐」「企業活動の根幹を支える経営基盤の更なる強化」の3つを基本方針に定め、売上高6,300億円、営業利益300億円の數値目標にも取り組んでまいります。

森永乳業グループ10年ビジョン

  1. Vision 1 「?のおいしさ?楽しさ」と「健康?栄養」を両?した企業へ
  2. Vision 2 世界で獨?の存在感を発揮できるグローバル企業へ
  3. Vision 3 サステナブルな社會の実現に貢獻し続ける企業へ

10年後(2029年3?期)數値?標

営業利益率
3.8%* 7%以上
ROE
8.6%* 10%以上
海外売上??率
5.0%* 15%以上

* 2019年3月期の実績

新?中期経営計畫基本方針

主要経営指標

(単位:億円)

19/3期 22/3期
(計畫)
19/3差
増減額
19/3差
増減率
売上高 5,836 6,300 +464 +8.0%
営業利益 223 300 +77 +34.3%
親會社株主に帰屬する
當期純利益
140 192 +52 +37.0%
売上?
営業利益率
3.8% 4.8%
ROE
(當期純利益/??資本)
8.6% 9.3%
海外売上?
?率
5.0% 7.1%
配當?(円) 55円 配當性向
20%?安

表は橫にスクロールしてご覧いただけます。

事業分野別売上??営業利益

(単位:億円)

売上? 19/3期 22/3期
(計畫)
19/3差
増減額
19/3差
増減率
BtoC事業 3,038 3,330 +292 +9.6%
ウェルネス事業 560 610 +50 +8.9%
BtoB事業 969 1,010 +41 +4.2%
海外事業 289 450 +161 +55.5%
その他?消去 979 900 △79 △8.1%
合計 5,836 6,300 +464 +8.0%
営業利益 19/3期 22/3期
(計畫)
19/3差
増減額
19/3差
増減率
BtoC事業 104 152 +48 +46.4%
ウェルネス事業 32 42 +10 +30.8%
BtoB事業 58 71 +13 +21.5%
海外事業 16 35 +19 +124.1%
その他?消去 13 0 △13 --.-%
合計 223 300 +77 +34.3%

表は橫にスクロールしてご覧いただけます。

基本方針 Ⅰ 4本の事業の柱橫斷取り組み強化による持続的成長

4本の事業の柱(BtoC事業、ウェルネス事業、BtoB事業、海外事業)の橫斷的な取り組みを強化し、持続的な成長を目指していきます。
そのために、以下4つの最重點テーマを設けました。

基幹ブランドの更なる強化

お客さまの支持を最も受け、當社にとってもキャッシュの源泉になっている8つの基幹ブランドの価値最大化を目指します。
8ブランドの売上高について、3年で18%の拡大を計畫しています。

森永乳業グループの基盤を?える8ブランドの価値最?化

基幹8ブランド売上?計畫
マウントレーニア
乳代替原料を含む、ラインナップ強化によるブランド露出最?化
その他カップ飲料等を含む提案?活?の売場作り
ビヒダスヨーグルト
ビフィズス菌」による差別化。その他機能性ヨーグルトシリーズを含む?の拡?
森永アロエヨーグルト
アロエステロールの機能による機能性表??品発売を起點
獨?の特?訴求によるフルーツヨーグルト市場での絶対的優位の確?
パルテノ
カテゴリーNo.1ブランドとして、プレーンタイプを基軸とした新たな需要を創出
パルム
新たな機能価値を提案し、アイスバーNo.1ブランドとして國?的アイスに育成
ピノ
健康価値を加え、シニアを含めた幅広いユーザー開拓と販路拡?
モウ
安定剤、乳化剤不使?をベースに、素材と製法へのこだわりの徹底訴求
フレッシュモッツァレラ
100gタイプと??タイプで料理レシピ提案による拡?。5割増への挑戦

ビフィズス菌?獨?シーズの展開加速

ビフィズス菌やラクトフェリンなどの獨自シーズの展開を加速していきます。なかでも、ビフィズス菌の差別化戦略に特に注力します。
また、森永北陸乳業福井工場にて新たな菌體設備の投資を行います。3年間で19/3期比1.5倍の利益獲得と、將來的には4倍もの供給體制構築を目指します。

「ビフィズス菌=森永乳業」差別化戦略の徹底、利益150%へ

※19/3期?較

BtoC

ウェルネス

BtoB

海外

「森永北陸乳業?設備投資」
將來計畫:菌體供給能?4倍

海外事業の育成

10年間で海外売上高比率を19/3期比3倍の15%まで高めていきます。目標に向けて、事業の拡大、組織體制の強化に力を入れていきます。

10年?標:売上?構成?3倍へ
事業の中核として?い成?継続、強固な基盤確?

海外事業成?戦略
  • 世界4極の販売拠點確?

    • EU、北?、中國、東南アジアを拠點としたBtoBビジネスの拡?
  • ビフィズス菌、ラクトフェリンの拡?

    • ラクトフェリン世界シェアNo.1、?期的な収益源へ成?
      菌體事業(ビフィズス菌)の展開強化、菌體事業のメジャープレイヤーへ
  • ミライ社事業の更なる成?

  • 育児?ミルク拡?

    • Morinaga Brand 世界シェアトップ10返り咲き

次世代ヘルスケア事業の基盤構築

より長期的な目線に立ち、「食と健康」という期待に応えられるような、健康に貢獻する商品の提供に引き続き取り組みます。
デジタル?ECなどの新たなチャネル展開も強化します。

乳で培った技術を活かし、健康に貢獻する商品提供
健康壽命の延伸に貢獻

  • 健康課題に応える商品開発、適切に提供できる事業形態を創造
  • 健康壽命の延伸、Well Beingに貢獻する次世代ヘルスケア事業の基盤づくり
  • 全世代に屆ける栄養補助?品の開発とデジタル、ECチャネル構築
次世代ヘルスケア事業ロードマップ

基本方針 Ⅱ 経営理念実現に向けたESGを重視した経営の実踐

「経営理念実現に向けたESGを重視した経営の実踐」では、自社の商品?サービス、活動を通じて社會課題を解決し、社會とともに持続的に成長することを目指します。
以下7つの重要取組課題は、次の100年に向けて當社として取り組むべき課題です。課題の解決のため、全重要取組課題にKPIを設定し、達成を目指します。

7つの重要取組課題策定
全重要取組課題にKPIを設定し、達成を?指す

  • 健康?栄養 Health and Nutrition
  • ?権 Human Rights
  • 次世代育成 Nurturing the Next Generation
  • コーポレート?
    ガバナンス
    Corporate Governance
  • 環境 The Environment
  • 供給 Supply Chains
  • ?財育成 Human Resource Development
健康?栄養
「かがやく“笑顔”」を実現する機能性とおいしさを兼ね備えた商品を開発?販売し、健康?栄養をお屆けします。
環境
省エネルギー、廃棄物削減に取り組みながら安全?安?な商品を製造し、サステナブルな社會づくりに貢獻します。
?権
?権に配慮した事業活動を?い、多様性を尊重し、あらゆる?々が能?を充分に発揮できる環境をつくります。
供給
安全?安?を重視した原材料調達と製造を経て、?品質な商品を安定的にお屆けします。
次世代育成
サステナブルな社會づくりに貢獻する?どもたちの健やかな成?を応援します。
?財育成
「かがやく“笑顔”」を実現する?財の育成に?を?れていきます。
コーポレート?ガバナンス
持続的な成?と企業価値の向上の実現に向けて実効性の?いガバナンス體制の整備および充実に継続的に取り組みます。

基本方針 Ⅲ 企業活動の根幹を支える経営基盤の更なる強化

長期ビジョン、経営方針と連動した取り組みにより、6つの視點から経営基盤の更なる強化を進めます。

?期ビジョン、
経営?針と連動した取り組みによる経営基盤強化

  1. 1. コーポレートブランド Corporate Brand
    コーポレートコミュニケーションテーマ
    “?と?體の健康で??に寄り添う”の実現
  2. 2. ?員??財育成 Human Resource Development
    加速する労働??減少への対応
    グループ管理コントロールレベルの向上
  3. 3. 設備投資 Capital Investment
    菌體?場の新設、ラクトフェリン?産能?増
    近畿?東京?場?産中?後の効率化、合理化投資
  4. 4. 研究開発 Research & Development
    重點分野研究開発の推進と最適資源配分、開発?強化
    外部環境変化対応の研究課題明確化
  5. 5. 資??有利?負債 Capital, Interest-bearing debt
    將來の?型投資案件(設備投資、M&A)を?據えた
    資?余?の確保、資産売卻、DER0.5以下
  6. 6. 資本政策 Capital Policy
    3年間で1,000億円の営業CF創出
    「成?投資」「財務安定性」の基盤を確保し、「株主還元」へ配分

株主還元

3年間で営業キャッシュフロー1,000億円を試算しています。
成長投資、有利子負債の返済にあてるとともに、配當性向20%を目安に株主還元を行います。

配當金

  • 配當性向20%を?安とした株主還元
  • 3年間で1,000億円の営業CF創出
    「成?投資」、「財務安定性」の基盤を確保し、「株主還元」へ配分
  • 1株當たり配當?(左軸:円)
  • 配當性向(右軸:%)
  • * 20/3期の配當性向は、連結?會社の信託受益権譲渡影響を控除した數値。影響を控除しない場合は15.2%

関連コンテンツ

TOP
99热九九热-九九热线精品视频-九九热线精品视频